トップ / せっかく妊娠できても危険が

妊活後にも喫煙での様々な危険性

妊娠すれば、必ず出産ができる。始めて妊娠した女性は、そんな風に思っている方も多いかもしれませんがそれは違います。流産を経験している女性は想像以上に多く、その原因も様々です。

1日に20本のタバコを吸った場合、タバコを吸わない女性よりも流産する確率が2倍になるとも言われています。また早産率を見ても、喫煙者はタバコを吸わない方よりも1.5 倍も高いとされています。

長い妊活の上やっと妊娠できたとしても、喫煙をしていると他にも様々な危険があります。子宮外妊娠や前置胎盤、常位胎盤早期剥離なども起こりやすくなると言われていますし、胎児の奇形(口唇口蓋裂、腹壁欠損、四肢短縮・欠損、泌尿生殖器系の異常など)の心配もあります。

また、生まれた後の赤ちゃんに問題が見られることも少なくありません。乳幼児突然死症候群(SIDS)をご存知でしょうか?これは、それまで何ら問題無く元気だった乳児が、ある日突然眠っている時に亡くなってしまう病気です。SIDSの要因については、うつぶせ寝も指摘されているのですが、タバコも大きな原因だと言われています。

それは、妊娠中の喫煙だけでなく、妊婦のそばや赤ちゃんのそばで誰かがタバコを吸うのも同じく危険。妊娠中に喫煙すると、お腹の中の赤ちゃんの肺形成に影響してきます。また、神経伝達にも問題が出やすくなります。こういったことも、SIDSに関係しているのではないかと言われています。

この他にも、周りの人が吸っているタバコによって、低出生体重児の出産率が上がるとも言われていますし、赤ちゃんのそばで喫煙すれば、赤ちゃんが喘息になったりアトピーなどのアレルギーを引き起こしたりする確率も上がります。

このように、知れば知るほどタバコは赤ちゃんにとって害ばかり。妊娠初期であっても、もちろん喫煙は危険です。是非、妊娠する前、つまり妊活中から夫婦で禁煙に取り組みたいものです。