トップ / 副流煙も妊活女性の敵となる

副流煙は妊活や妊娠中に影響

タバコを吸わない女性であっても、周りに喫煙者がいる方は要注意です。同じように、頑張って禁煙に成功した女性であっても、家族などが喫煙者だった場合は安心できません。そばでタバコを吸っている方がいれば、副流煙の心配があるからです。副流煙とは、タバコの先から上がっている煙のこと。実は、主流煙よりも副流煙の方に、有害物質は多く含まれています。中には発がん性物質も含まれています。

タバコの煙に晒されると、心拍数が増えたりのどや目が痛くなったりするなどの症状が現れる方もいます。手足の先端に冷えを感じる方も見られます。また、副流煙に晒された生活を続けていれば、心臓疾患や呼吸器系疾患の心配が出てくる他、がんになるリスクも上がります。

もちろん、妊活中の方にも危険な環境です。卵子や精子にも影響します。卵子の老化や、精子の運動量の低下。流産や早産のリスクが上がりますし、新生児の低体重化も心配です。これだけではありません。生まれたお子さんが将来糖尿病になる確率が高くなるとも言われていますし、肥満になりやすいとも聞きます。

お子さんの脳の働きにも影響します。注意力が散漫になったり、落ち着きがない子供になったり。また、言語能力が低くなるなどの問題も指摘されています。それに、お子さんも将来喫煙者になる確率が上がってしまいます。

受動喫煙とは、タバコを吸わないのに吸わされている状態。これは、妊活中の女性や赤ちゃんにとってとても怖いことです。妊娠を望んだ時から、すぐにでもカップルで禁煙に取り組むべき。それは、将来自分のところにやってきてくれる子供の未来を左右してしまうことだと言っても過言ではありません。是非、喫煙、受動喫煙と距離をとった生活を送ってください。